MORE Trumpet

自営業成功方法&経験談を記してきましたが、トランペットでのバンド活動や自作防音室制作の方のアクセスがとても多く音楽を中心としたブログに変更しました(笑)

Marcinkiewiczマーシンキウィッツ

元日はディズニーランドで過ごしました。

トゥータウンからご来光を拝みましたw

f:id:hanzyou:20190104162354j:plain

 

そして!!トランペッターとして「ディズニーランドバンド」は見逃すことができません。

f:id:hanzyou:20190104162721j:plain

ここでハイトーンを鳴らしているお方の「使用しているマウスピースはなんだろうか?」と気になってしまうのがトランペッターです。

その場で見て特徴のある形ですぐにMarcinkiewiczであるのがわかりました。

Marcinkiewiczは超一流プレイヤー達の「アーティストモデル」があり、それぞれ形状が異なるのですが、おそらく私も所有しているE18*MIYASHIROでないかと思われます。


f:id:hanzyou:20190104164931j:image

MIYASHIROとは前回にも紹介したエリック宮城氏のことです。

E18*MIYASHIROはカップは深さ9.17mmと浅く、リム直径が16.97mm(他社比較Schilke13A4a)とハイトーンに特化した造りになっております。

また個人的な感想ですが、他のマウスピースに比べるとリムが分厚く、唇にプレスして強めに押し当てても負担が少ないようになっています。

ハイトーンが出にくくて悩んでいるトランペッターにぜひ一度試して頂きたいマウスピースです。

 

DIYで自作防音室を手に入れる⑩

防音室ドアの続きです。

防音室内の電気を消すとよくわかりますが、ご覧のように数ミリほどの隙間があります。

これでは外に音が駄々漏れしてしまいます。

f:id:hanzyou:20181227154708j:plain

前頁に登場したスポンジテープで隙間を塞ごうとしても、
とても頼りなく、直ぐに剥がれてしまいます。

 

なにかドアの隙間を塞ぐものは無いだろうか、、、
とホームセンターをウロウロと物色していますと。

 

荷造りコーナーによさげなものを発見!!!!

タイヤチューブを細長く切り裂いた「ゴムバンド」です。

f:id:hanzyou:20181227154757j:plain

 

これをドア横とドア下に釘で打ち付けました。

f:id:hanzyou:20181227154830j:plain

冒頭の隙間よりも若干ゴムバンドの方が厚みがあるために、
ぎゅーっと押し込んでドアを閉めることができるようになりましたので防音効果も期待できます。