自営業を成功させるための繁盛論

いつ潰れてもおかしくない瀕死の状態にあった自身の経営する店舗を立て直した私本人が、 個人事業(自営業者)に向けた小さな経営のための繁盛論を記しています。 開業後10年以上の生存率は数%といわれる厳しい現状で、創業15年を超えることができた「プロ自営業者」という肩書を勝手にもつ自営業者です。

立地の悪さを補う発想思考

我が店が在る周辺の立地の悪さを当ブログで何度も記してきましたが、昨年末にまたひとつの灯が消えました。

 

「突然ですが28日をもちまして閉店します」と隣接する居酒屋に貼り紙がありました。この数年は集客に苦戦している様子が伺えました。

『集客ができない≒廃業』と店舗経営はとてもシビアですがこれが現実です。

しかしただ指をくわえてお客を待つだけでよいのでしょうか?

確かにこの場所は最悪な立地かもしれません、しかし例えば近隣でなく遠方から集客する方法や、他店と違う特徴を打ち出して特定客を呼び込む発想を持つことができれば立地の悪さを補えるはずです。

当たり前のことを当たり前にやって成功する見込みが無いならば、当たり前のことをとんでもない方法でやる思考が今の時代の商売には必要です。

 

掲げる言葉の具現化は難しい

f:id:hanzyou:20160725165510j:plain

以前とある飲食店の壁に貼ってあった言葉です。

 感謝。

星の数ほどあるお店の中から、当店をお選びくださったことに心から感謝申し上げます。

「一期一会」という言葉があります。

すべての時間と出会いが、一生に一度しか訪れない大切な時間。だからこそ、そのひとつひとつに心からおもてなしをするという意味です。

お客様の楽しそうな笑顔は私たちの何よりの喜びであり、かけがえのない励みです。

一瞬一瞬を大切に、そして出会いに感謝し、精一杯おもてなしをしたい気持ちでいっぱいなのです。

 すごく良い言葉だと思い、その場でメモをして持ち帰りました。

 

ただ、この言葉が目的に向かって応用されなかったようです。

なぜならこの飲食店がその後廃業してしまったからです。