読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自営業を成功させるための繁盛論

いつ潰れてもおかしくない瀕死の状態にあった自身の経営する店舗を立て直した私本人が、 個人事業(自営業者)に向けた小さな経営のための繁盛論を記しています。 開業後10年以上の生存率は数%といわれる厳しい現状で、創業15年を超えることができた「プロ自営業者」という肩書をもつ自営業者です。

ターニングポイント

私は30歳半ばで福岡大学商学部に通いました。

そこで経営ゼミに入り同じゼミの20歳前後の若い学生達と親しくなりました。

ある日その中の若い学生のひとりに「ターニングポイントはいつですか?」と聞かれたことがあります。

自営業を瀕死の状態から立て直し大学に通っているほどなので、既にある程度は商売を軌道には乗せることはできていましたが、振り返って考えてもターニングポイントは見つかりません。

その時は若い学生に「ターニングポイントはまだ来ていない」と答えたのを覚えています。


それから大学での学びを終え、さらに数年経った頃にターニングポイントが訪れました(今振り返るとあれが転換点だったと思われる)

それは同業他社(者)と付き合いを持ったことです。25歳で創業してから当時10年以上も一切同業と関わっていませんでした。

それまで同業者と関わらなかった理由は必要性を感じ無かったからです。


キッカケは中堅規模の事業をされている同業者を知人から紹介されたのがはじまりです、それから同業の輪が広がっていきました。

その人たちの多くは同業である私に多くの事を教えてくれ見せてくれました(もちろん限定的にですが)長年の経験からの知識は関心させられ多くの事を学びました。


また、それまで同業他社を表面上でしか捉えていませんでしたので、改めて同業他社の内情を知ると自分の想像とは異なる点がいくつもある事に気づくことができました。


それらを知り得ることで、事業における自身のボジションを組み直し、また思考を変化することができたのは紛れもなくターニングポイントだったと思います。


そして現在、また転換点が訪れようとしています。今年で創業して17年になるのですが、只今大きな変化を起こそうと行動しています。

きっと数年後に2つ目のターニングポイントだったと語れる日が来る事を信じています。

自営業にイノベーションは起こせるか?

イノベーションを定義したのは経済学者ジョゼフ・シュンペーターです。

シュンペーターイノベーションの持つ非連続性に注目しました。
非連続性とは「馬車を何台も連結させても汽車にはならない」「江戸時代の駕籠屋は後に黄金の駕籠屋ではなくタクシーになった」という連続性ではない例え話があります。

汽車も車の発明もイノベーションということです。現代のインターネットやiphoneも真のイノベーションだと言えます。数十年まえは固定電話でしたが、今では多くの人がスマートフォンでインターネットをポケットに入れ持ち歩いています。

それではブログタイトルにしたように「自営業にもイノベーションは起こせるか?」

スティーブン・ジョブスは自宅のガレージから起業し、孫正義博多区のマンションの一室で起業し両者とも後にイノベーションを起こしたのですから自営業でもイノベーションは起こせると断言できます。

私にもイノベーションを起こしたいと構想は持ってはいるのですが、実際には目の前の事に追われてしまう自営業特有のジレンマに捉われています。はい言い訳です(-_-)

 

こんな時でも人は頼らない真空管アンプ修理

f:id:hanzyou:20170125074640j:plain

11月末に真空管アンプを始動しようと電源を入れ、しばらくすると突然煙りがあがってショート...(涙)

回路図を見ながらあれやこれやと部品を買い集め交換してみるが、また煙りが。

交換しては、また煙りが…原因が分からな

そんな2ヶ月を送りやっと「原因はここではないか?」と突き止めたが、
国内では部品が手に入らない…

一方では海外オークションのeBayには沢山出てる…
eBayは抵抗があるが仕方ないのかな、、、
と思っていたら前に問い合わせていた名古屋のオーディオ屋さんから部品入荷の連絡が!

 

即注文し翌日到着して早速取り付け。

故障個所に間違いはなく無事に火が灯りました!!

おかげで一連の作業でハンダ付けが上達しましたよ(笑)

頼りすぎでは成功しない

f:id:hanzyou:20160604084839j:plain

身近に資産運用のためにやっていた株で失敗した人がいます。

私は株は一切やりませんが日経新聞を読みラジオ日経をたまに聴いています。

ラジオ日経は主に投資についての番組が多くやっているのですが、株に興味がなくても社会情勢や経済の流れを判りやすく解説してくれるので面白いです。

冒頭の株に失敗した人なんですが、自己で株式に関する情報収集をしていなかったように思います。ネットもしていない経済新聞も購読せずラジオ日経も聴いていない。

頼っていたのは証券会社の担当の言葉だけでした。「それでは失敗するだろう」と素人の私にも判ります。

商売においても他者を頼りすぎる人がいます。

都合よく他者に身を任せることに慣れ、自分で物事の本質を見極め果敢に行動することの大切さを見失っていては成功はありません。