読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自営業を成功させるための繁盛論

いつ潰れてもおかしくない瀕死の状態にあった自身の経営する店舗を立て直した私本人が、 個人事業(自営業者)に向けた小さな経営のための繁盛論を記しています。 開業後10年以上の生存率は数%といわれる厳しい現状で、創業15年を超えることができた「プロ自営業者」という肩書をもつ自営業者です。

GEになれなかった東芝

先日、日本経済新聞にあった「GEになれなかった東芝」というコラムに感心しました。 記事を引用し中略して紹介したいと思います。 東芝はなぜつまづいたのか。メイクマネーのやり方、つまりはビジネスモデルといわれる部分で明暗を分けるものがあったはず…

紀伊国屋の「新刊買い取り」は失敗だったのだろうか

村上春樹の新刊「騎士団長殺し」が出ましたね。 そういえば2015年に紀伊国屋が村上春樹の「職業としての小説家」が出版されたときに、初版の9割を出版社から買い取り自社店舗ほか他社の書店に限定して供給という、ネット販売に対抗した方法が話題になってい…

「行き詰った場合の対処法」虫眼鏡→ニンジン→リフォーム→望遠鏡

以前、新聞コラムにありました作家の沖方 丁氏の行き詰った場合の対象法です。 ①虫眼鏡最も対処すべきことにクローズアップし、それ以外は視界からも思考からも消し去る。時間がないときほど効果的(中略)かつて万里の長城の建設では、一部が完成したら何も…

自主回収に該当

職場の昼食用に箱買いしてますが自主回収 JANコードも一致何かあると企業は大変ですね。商品には問題ないようなので返品はしないでおきます(^^;;

主体変容で環境を変える

松下幸之助の主体変容という言葉が好きです。「周りの環境を変えたければ自らが変化をしろ」という意味合いの言葉です。 「どうせ世間の景気は個人ではどうしようもないから」と自営業の業績の悪さを人の(世の中)せいにしていませんか? こんな激動の時代…

ターニングポイント

私は30歳半ばで福岡大学商学部に通いました。 そこで経営ゼミに入り同じゼミの20歳前後の若い学生達と親しくなりました。 ある日その中の若い学生のひとりに「ターニングポイントはいつですか?」と聞かれたことがあります。 自営業を瀕死の状態から立て直し…

自営業にイノベーションは起こせるか?

イノベーションを定義したのは経済学者ジョゼフ・シュンペーターです。 シュンペーターはイノベーションの持つ非連続性に注目しました。非連続性とは「馬車を何台も連結させても汽車にはならない」「江戸時代の駕籠屋は後に黄金の駕籠屋ではなくタクシーにな…

こんな時でも人は頼らない真空管アンプ修理

11月末に真空管アンプを始動しようと電源を入れ、しばらくすると突然煙りがあがってショート...(涙)回路図を見ながらあれやこれやと部品を買い集め交換してみるが、また煙りが。 交換しては、また煙りが…原因が分からない そんな2ヶ月を送りやっと「原因は…

頼りすぎでは成功しない

身近に資産運用のためにやっていた株で失敗した人がいます。 私は株は一切やりませんが日経新聞を読みラジオ日経をたまに聴いています。 ラジオ日経は主に投資についての番組が多くやっているのですが、株に興味がなくても社会情勢や経済の流れを判りやすく…

立地の悪さを補う発想思考

我が店が在る周辺の立地の悪さを当ブログで何度も記してきましたが、昨年末にまたひとつの灯が消えました。 「突然ですが28日をもちまして閉店します」と隣接する居酒屋に貼り紙がありました。この数年は集客に苦戦している様子が伺えました。 『集客ができ…

掲げる言葉の具現化は難しい

以前とある飲食店の壁に貼ってあった言葉です。 感謝。 星の数ほどあるお店の中から、当店をお選びくださったことに心から感謝申し上げます。 「一期一会」という言葉があります。 すべての時間と出会いが、一生に一度しか訪れない大切な時間。だからこそ、…

保守にまわれば何も守ることはできない

「商売を軌道に乗せてディズニーランドに飽きるまで連れて行く」 瀕死の状態にあった商売を立て直すことができてから、家内とのその約束を守りディズニーランド&シーに数十回と家族で旅行しています。 また今回は事前抽選のカウントダウンチケットも手に入…

起業マインドが自覚できていない又は存在していない

先日、知り合いのクリエイターと話していたときに「彼は頑張ってる?」と聞いたところ、厳しい返事が返ってきました。 その彼とは、以前当ブログに登場した起業したてのクリエイターです↓ 『何度も手を差し伸べたけど「やれそうだったらやります」「行けたら…

インプットでなくアウトカム(どれだけの成果を招くことができたか)

はてなブログを開始する前にやっていた旧ブログがあります。 現在は閉鎖して誰からも見れないようにしているのですが、旧ブログは34歳で大学商学部に通い始めた頃に同時に開設したものです。 420記事あり、たまに読み返すことがあります。今先ほども読み返し…

国語は理系科目である。その理由とは

学者で芸人のサンキュータツオ氏がラジオで 「国語は理系科目である」と話していました。 国語の問題を感覚で解く人は多く、例えば問題で「私は〇〇〇をした」の〇〇〇を求めるために式で表し数学的に抽出できることで数学として問題が解ける。 分かり易く言…

低価格路線で全方位戦略を選択した結果

今日はこの記事について 経営戦略の判断ミスが「顧客を置き去りに」する結果となってしまいます。 経営では大でも小でも規模に関係なく共通した認識なのですね。 しかし大塚家具は完全に道に迷った状態です。経営は顧客起点ではなく顧客の創造であることに気…

飲食店での機会損失を考える

先日、牛丼店Mに行った時の話です。 店舗入り口付近にある券売機に列ができていました。 見たところ私の前には4名づつの2つのグループなのですが、皆それぞれ券を購入するので8名並んでいることになります。 しかもすぐ前のグループは外国人で、券売機に慣…

DIYで自作防音室を手に入れる⑥

防音壁の骨組が完成したところで、防音室外側に石膏ボードをとりつけます。 部屋の中に230cmのそびえ立つ壁は威圧感があります。 お次はグラスウールの出番です。 開封と同時に部屋中にグラスウールが散乱して埋もれました。 グラスウールはガラス繊維ででき…

飛び込み営業で新規顧客を開拓する方法とは

昨日、以前勤めていた会社の同僚と久しぶりに会いました。(私が退職した2年後に倒産した自動車部品の商社) 詳しくは話せませんが、彼は現在エネルギー関連の会社で営業をしています。 彼曰く「数億円単位の大口法人契約を順調に開拓できている」とのことで…

狙いと違うがコレはコレで良い

ベートーベン、チャイコフスキー、マーラー、リスト、ベルリオーズ… シンフォニーのホールでの生音をオーディオで再現したいと色々と模索していますが、未だ満足できるサウンドに到達することができておりません。 高価で高音質なハイエンド機器を揃えること…

自営業の売上減少の理由は何か

前に「客数」×「客単価」について説明しました。 これは売上を作っていくうえでの公式になります。 では現状で売上減少している場合は「客数の減少」でもなく「客単価の減少」でもなく「固定客の減少」が考えられます。 固定客離れの理由は次の3つが多くを占…

物事には感情により異なる見方が存在します

野良猫が抜き足差し足忍び足で獲物(スズメ)に近づく姿に出くわしました。この後スズメは猫の殺意に勘づき飛び去っていきました。 野生の動物は生きるために食うか食われるかといった試練があります。 仮に二つの動物ドキュメンタリーのテレビ番組があると…

DIYで自作防音室を手に入れる⑤

苦労の末に木枠を設置できました。 木枠の角はアングル(留め金具)でしっかりとビス留して強度を保ちます。 アングル アングル アングル 木材の角を支えながらビス留めするのが大変ですので、 このような木材角を固定することができるコーナークランプがあ…

差別化を図ることができる人は何かをやっている

タクシーを利用する度に「利用客が減少している」とよく耳にします。 規制緩和による増車での競争の激化とタクシー業界を取り巻く問題は深刻です。 まして勤務ドライバーは出来高払いなので所得減収に直結しているそうですので、景気の悪さを口にするドライ…

飲食店のランチの変更での気づき

先日、ピザ専門店について記したせいかピザが食べたくなりまして、たまに行くピザも食べることができるレストランに行きました。 日曜日のランチタイムでしたので数組の待ちがありましたが、20分程でテーブルに通されました。 「なんだか暖房の効きすぎで店…

コンサルタント視点で朗読を聴く

毎週土曜日8時頃のNHKラジオ第一で放送されている「ラジオ文芸館」をたまにですが聴いています。 短編小説をアナウンサーが感情豊かに朗読してくれるという内容です。 以前、放送された「花丼」は忘れることができない名作でした。 ラジオ文芸館 より 作:明…

安い価値には安い客しかつかない

以前、テレビの番組で「8のつく日はピザ全商品8円」のピザ専門店が取り上げられているのを見ました。 この日用に用意するピザでなく、通常メニュー全てのピザ1ホールがおひとり1枚のみ8円です。また、見たところチェーン店でなく個人店のようでした。 「毎…

DIYで自作防音室を手に入れる④

押入れ壁部分の石膏ボードに遮断シートをタッカーで貼り付けていきます。 「できるだけ遮断効果を失わないようにシートを切れ目なく一枚で貼りたい」と思い、脚立に乗り、重い重い遮断シートを左手片足で押さえながらタッカーで留めていく辛い荒行です。 荒…

常識や先入観や偏見に囚われない

自営業経営にとって常識や先入観や偏見に囚われていると、見なくてはいけない真実が見えなくなります。 特に二代目や三代目の事業を継承した自営業者であれば、先代からの固定観念をも受け継いだ思考になってる人が多いように感じます。 元プロ陸上選手の為…

残念なアルバイトの接客

先週、久しぶりに訪れたラーメン屋での出来事です。 座ったカウンター席の向かいにある厨房で大学生と思われるアルバイト店員2人(男性)の話声がとても耳障りでした。 もちろん調理中もずっとおしゃべり・・・仕事とは全く関係の無い内容です。 私もフリー…

DIYで自作防音室を手に入れる③

床づくりはまだまだ続きます。 前回の仕上がりの上からさらに遮断シート+コンパネの組み合わせで合計3層にしました。 床の防音については低度と言いながらも結構しっかりと施工しています。 (床をしっかりと施工したことが後々助かるとは…低音楽器のベース…

個性をはき違えている店

繁盛するためには個性溢れる店づくりが大切です。 が、、、そんな個性が裏目に出ている残念な店がありました。 剣道の面手ぬぐいが店内の壁一面に貼られた鉄板焼き屋 週末なのに20畳ほどの店内にいたのは私達1組だけ。面手ぬぐいに圧迫されながらさっさと食…

DIYで自作防音室を手に入れる②

底床の撤去が終わり、木材で補強をしてカットしたスタイロフォーム(発泡材)を取り付けます。 トランペット音は高音が主になるために、音は上部に抜けていくそうです。 この防音室はトランペット専用になりますので、床に関しての防音は低度に仕上げること…

なぜ同じ表現なのに繁盛に差が出るのか

福岡と言えばラーメンと思われる方も多いとは思いますが、うどんも福岡を代表するソウルフードです。博多っ子の私ですが、ラーメンよりもうどんの方が好きで外食の回数も断然うどんが多いです。 因みに博多は「饅頭、うどん、蕎麦」の日本発祥の地です。博多…

DIYで自作防音室を手に入れる①

「いつでも楽器の練習ができる防音室」は楽器奏者の憧れです。 楽器メーカーのY社、K社からも防音室が販売されていますが、金額が非常に高い。その価格1畳ほどのサイズで100万円程…と、防音室を手に入れるのは夢のまた夢なのです。 「既製品でなく自作して…

ピント外れのアドバイスをされた経験

起業して数年間、どうやっても経営が上向かない時に、身近な成功している経営者にアドバイスを求めたことがあります。 現状の経営状態を一通り説明すると「地域に根付いた商売をするためには自治体の仕事などに極力参加するのがいい」と、これだけを言われま…

Miles Davis「Kind Of Blue」

所有するオーディオ機器は熱を発しますので夏場はシーズンオフとしています。 やっとここ福岡も10月半ばになり、ようやく涼しくなったのでオーディオ解禁となります。 先日、「Jazz名盤のLPレコード付き」隔週刊の雑誌が刊行されました。 第1巻はMiles Davi…

コンセプトの10項目

コンセプトを具現化するのは大変な作業です。 先日コンセプトを引き出す10項目を教わったので備忘録としてメモします。 1.商品の存在理由 その商品は本当に必要か? 2.企業理念の確認 なぜ自社がその商品をつくらなければならないのか? 3.差異化要因 自社や…

店舗経営に不利な立地にある理髪店

以前ブログ記事にしました、当店の向かいの空きテナント。 結局、上記ブログ記事の内覧にきた方はこのテナントには決めなかったようです。 その後しばらくして向かい空きテナントが改装されはじめました。どうやら当店の並びにある理髪店が建て替えのために…

トランペッター的発想と経営との共通点

何年も前に中古で購入していたgetzen社のトランペット。いちども本番で使用したことがなく箪笥の肥やしになっておりました。 これから先も使うことはないだろうと思い手放すことにしました。 グリスやオイルをさして手入れしていると久しぶりに吹きたくなり…

なるほど納得のPR(ヘアサロン)

くせ毛の私は髪を切る店選びに苦労します。 決まっていくような理髪店、美容室は今のところありません。 そんな以私ですが、以前旅先で見かけた看板が忘れることができないヘアサロンがあります。 その看板にはこうありました、、、「くせ毛に悩む人だけ来て…

自営業の生産性を考える

当ブログでは何度か料理提供の遅い飲食店の話をしました。 私がたまたま料理提供に時間が掛かる飲食店に遭遇する確率が高いのかもしれませんが、 「ここも遅い店か・・・」と思わせる店が本当に多いです。 そのほとんどが個人経営の飲食店です。 それに比べ…

自営業のリスク回避

ここ最近、虫歯の治療(歯石除去で虫歯が発見されまして(^^;;) そして季節の変わり目になってきて仕事が忙しくなりブログの更新を怠っておりました…。習慣にしていくのは難しいですね。 繁忙期に入るとお決まりかのように機材の故障が出てきます。 この業に…

ライバル多し歯科医院の過当競争

朝食を食べていると「ガリッ」と堅いものが。異物混入?と思い慌てて取り出すと、奥歯にかぶせていた銀歯が取れていました(笑) さっそく治療にと何年かぶりに近所の歯科医院へ。 この歯科医院1年ぐらい前に外装をリフォームしていたのは知っていましたが、内…

自営業での岡目八目

囲碁の格言に「岡目八目」という言葉があります。 傍らで見ている人の方が、碁を打っている当事者よりも八手先まで読むことができる。 という意味です。 つまり、碁を打つ当事者は勝負に関して欲が出てくるために判断が狂うが、傍らで見ている人は客観的に局…

自営業経営を車に例えてみる

経営の身構えもなく自営業で起業することは、仮免許の状態で高速道路を車でかっ飛ばすくらい危険を伴います。 ですが、走り出さないと気づかないことも多くあります。 実際に走り出して「意外とイケる人」がいるかもしれませんし、「即座に大事故を起こす人…

日経朝刊「私の履歴書」が面白い

日本経済新聞の朝刊に掲載されている「私の履歴書」というコラムがあります。 各界の著名人が1ヶ月間に渡って半生を文筆しています。 正直に言ってこの「私の履歴書」が好きではありません。 文筆者は経済人が多いのですが、高度成長期だった半世紀も前の話…

チャンスをつかめる人、チャンスをつかめない人

一昔前、店舗を構え真面目であれば成功できた時代がありました。 私も開業当初「真面目にコツコツとやっていれば、いつか報われる」そう信じて、真面目にコツコツとやり続けていましたが一向に報われることはありませんでした。 そんなダメ商売人がどうして…

自営業の戦い方を考える

「自社にしかできない仕事」、「自分にしかできない技術」を持っていれば誰とも競争することはないのですが、大半の自営業が大勢の中の1つだと思います。 その大勢の中で少しでも優位に立つために同業他社と戦わなくてはいけません。 スポーツにしてもゲーム…

野外ライブとジャズ喫茶

先週末、3月まで所属していましたバンドが出演する野外イベントに行ってきました。 このイベントは周辺に会場が8ステージあり、どこも人人人でごった返しでした。さすが九州一の歓楽街での無料イベント。 所属していたバンドは、こちらの会場で18:40スタ…