読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自営業を成功させるための繁盛論

いつ潰れてもおかしくない瀕死の状態にあった自身の経営する店舗を立て直した私本人が、 個人事業(自営業者)に向けた小さな経営のための繁盛論を記しています。 開業後10年以上の生存率は数%といわれる厳しい現状で、創業15年を超えることができた「プロ自営業者」という肩書をもつ自営業者です。

授人以魚不如授人以漁

以前、身近な自営業者に経営が不調だと相談されて、立て直しのアドバイスをしたことがあります。 私自身の経験を元に話を進めていき、単に目先の集客を狙うのではなく安定した経営を持続させるためには「仕組みづくり」が重要だとアドバイスをしていきました…

ターニングポイント

私は30歳半ばで福岡大学商学部に通いました。 そこで経営ゼミに入り同じゼミの20歳前後の若い学生達と親しくなりました。 ある日その中の若い学生のひとりに「ターニングポイントはいつですか?」と聞かれたことがあります。 自営業を瀕死の状態から立て直し…

自営業にイノベーションは起こせるか?

イノベーションを定義したのは経済学者ジョゼフ・シュンペーターです。 シュンペーターはイノベーションの持つ非連続性に注目しました。非連続性とは「馬車を何台も連結させても汽車にはならない」「江戸時代の駕籠屋は後に黄金の駕籠屋ではなくタクシーにな…

低価格路線で全方位戦略を選択した結果

今日はこの記事について 経営戦略の判断ミスが「顧客を置き去りに」する結果となってしまいます。 経営では大でも小でも規模に関係なく共通した認識なのですね。 しかし大塚家具は完全に道に迷った状態です。経営は顧客起点ではなく顧客の創造であることに気…

飲食店での機会損失を考える

先日、牛丼店Mに行った時の話です。 店舗入り口付近にある券売機に列ができていました。 見たところ私の前には4名づつの2つのグループなのですが、皆それぞれ券を購入するので8名並んでいることになります。 しかもすぐ前のグループは外国人で、券売機に慣…

自営業の売上減少の理由は何か

前に「客数」×「客単価」について説明しました。 これは売上を作っていくうえでの公式になります。 では現状で売上減少している場合は「客数の減少」でもなく「客単価の減少」でもなく「固定客の減少」が考えられます。 固定客離れの理由は次の3つが多くを占…

差別化を図ることができる人は何かをやっている

タクシーを利用する度に「利用客が減少している」とよく耳にします。 規制緩和による増車での競争の激化とタクシー業界を取り巻く問題は深刻です。 まして勤務ドライバーは出来高払いなので所得減収に直結しているそうですので、景気の悪さを口にするドライ…

コンサルタント視点で朗読を聴く

毎週土曜日8時頃のNHKラジオ第一で放送されている「ラジオ文芸館」をたまにですが聴いています。 短編小説をアナウンサーが感情豊かに朗読してくれるという内容です。 以前、放送された「花丼」は忘れることができない名作でした。 ラジオ文芸館 より 作:明…

コンセプトの10項目

コンセプトを具現化するのは大変な作業です。 先日コンセプトを引き出す10項目を教わったので備忘録としてメモします。 1.商品の存在理由 その商品は本当に必要か? 2.企業理念の確認 なぜ自社がその商品をつくらなければならないのか? 3.差異化要因 自社や…

自営業での岡目八目

囲碁の格言に「岡目八目」という言葉があります。 傍らで見ている人の方が、碁を打っている当事者よりも八手先まで読むことができる。 という意味です。 つまり、碁を打つ当事者は勝負に関して欲が出てくるために判断が狂うが、傍らで見ている人は客観的に局…

自営業の戦い方を考える

「自社にしかできない仕事」、「自分にしかできない技術」を持っていれば誰とも競争することはないのですが、大半の自営業が大勢の中の1つだと思います。 その大勢の中で少しでも優位に立つために同業他社と戦わなくてはいけません。 スポーツにしてもゲーム…

自営業の経営戦略はシンプル

誰でも、自らの強みについてはよくわかっていると思っている。だが、それはたいてい間違っている。強みを知る方法は1つしかない。フィールドバック分析である。 と、米国の経営学者ピーター・ドラッカーは教えています。 自分では「他店と違う」と思っていて…

立地選びは慎重に

向かいの空きテナントを見に来た方がいました。このテナント以前は中華料理店でした。開業して2年ほどで廃業してしまいましたが... この辺りは色々と環境が急激に変わり商売が難しい場所になり、 過去に様々な店舗が廃業していくさまを見てきました・・・ ha…

技術に自信があるのに集客ができない

知り合いやそのまた知り合いに頼まれ、経営不調な飲食店やヘアーサロン等の経営相談をボランティアで数店舗引き受けたことがあります。相談者は皆さん自身で開業した自営業者です。 相談者へのヒアリングで共通点がいくつかありました。それは「技術に自信が…

自営業開業の準備期間を振り返る

検索ワードで「自営業〜」でヒットする記事も出始めたようで、ブログを見てくれる方が少しづつですが増えてきました。当ブログが、すでに自営業者の方やこれから自営業を始めたいと思っている方の参考になれば幸いです。今回は、開業準備について私自身の経…

売上から考える「顧客の創造」

自営業を存続していくためには日々の売上が不可欠です。 売上高を見ることで経営の規模を把握することができます。 売上高は客数と客単価に分解されます。これを式で表すと売上高=客数×客単価となります。客数とは、自社を利用した顧客の数です。客数が多い…

アイデアに行き詰ったときのチェックリスト

アイデアに行き詰ったときにオズボーンのチェックリストを使ってみてはどうでしょうか。 オズボーンのチェックリスト ①ほかの利用方法はないか?現在の利用方法と別の使い道を考える。 ②ほかのアイデアが借りられないか?似たようなものから何かマネできるも…

サービスの多様性について考える

モノ(製品)とサービスでのマーケティングの違いを考えてみます。 モノは 企業(供給側)←→顧客(需要側)という関係になり、顧客にとって製品満足度が重要になります。 モノに比べてサービスは企業←→従業員←→顧客そしてまた企業へと三角関係となります。 …

ライバルは誰なのか?

「MacはWindowsがライバルだったのか?」 大きなシェアを持つMicrosoftに追いつき追い越すことをAppleは目標にしていたのでしょうか。 私は「NO」だと思います。 なぜなら目指していたのは、PCを変えることでありPCとユーザーの関係を変えることにあったので…

5W1Hで成功するためのキッカケを掴む

経営が不調ならば原点を振り返って考えなおすことも必要です。 色々な角度から現状を5W1Hを用いて掘り下げていくと糸口が見えやすくなります。 5W1Hとは、、、 いつ(When) どこで(Where) だれに(Who) なにを(What) なぜ(Why) それぞれの頭文字をとった5Wに「…

経営に共通する道に迷う行動心理

人は自分にないものを求めてしまうものです。 その求めの多くは、購買によって満たされますが、物理的に無理な願いもあるかと思います。 経営でも同じように「無理な願い」を求める人がいます。 「ライバル店が近くにいなければ」「有能な人材さえいれば」「…