読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自営業を成功させるための繁盛論

いつ潰れてもおかしくない瀕死の状態にあった自身の経営する店舗を立て直した私本人が、 個人事業(自営業者)に向けた小さな経営のための繁盛論を記しています。 開業後10年以上の生存率は数%といわれる厳しい現状で、創業15年を超えることができた「プロ自営業者」という肩書をもつ自営業者です。

自営業

主体変容で環境を変える

松下幸之助の主体変容という言葉が好きです。「周りの環境を変えたければ自らが変化をしろ」という意味合いの言葉です。 「どうせ世間の景気は個人ではどうしようもないから」と自営業の業績の悪さを人の(世の中)せいにしていませんか? こんな激動の時代…

ターニングポイント

私は30歳半ばで福岡大学商学部に通いました。 そこで経営ゼミに入り同じゼミの20歳前後の若い学生達と親しくなりました。 ある日その中の若い学生のひとりに「ターニングポイントはいつですか?」と聞かれたことがあります。 自営業を瀕死の状態から立て直し…

自営業にイノベーションは起こせるか?

イノベーションを定義したのは経済学者ジョゼフ・シュンペーターです。 シュンペーターはイノベーションの持つ非連続性に注目しました。非連続性とは「馬車を何台も連結させても汽車にはならない」「江戸時代の駕籠屋は後に黄金の駕籠屋ではなくタクシーにな…

頼りすぎでは成功しない

身近に資産運用のためにやっていた株で失敗した人がいます。 私は株は一切やりませんが日経新聞を読みラジオ日経をたまに聴いています。 ラジオ日経は主に投資についての番組が多くやっているのですが、株に興味がなくても社会情勢や経済の流れを判りやすく…

掲げる言葉の具現化は難しい

以前とある飲食店の壁に貼ってあった言葉です。 感謝。 星の数ほどあるお店の中から、当店をお選びくださったことに心から感謝申し上げます。 「一期一会」という言葉があります。 すべての時間と出会いが、一生に一度しか訪れない大切な時間。だからこそ、…

保守にまわれば何も守ることはできない

「商売を軌道に乗せてディズニーランドに飽きるまで連れて行く」 瀕死の状態にあった商売を立て直すことができてから、家内とのその約束を守りディズニーランド&シーに数十回と家族で旅行しています。 また今回は事前抽選のカウントダウンチケットも手に入…

起業マインドが自覚できていない又は存在していない

先日、知り合いのクリエイターと話していたときに「彼は頑張ってる?」と聞いたところ、厳しい返事が返ってきました。 その彼とは、以前当ブログに登場した起業したてのクリエイターです↓ 『何度も手を差し伸べたけど「やれそうだったらやります」「行けたら…

インプットでなくアウトカム(どれだけの成果を招くことができたか)

はてなブログを開始する前にやっていた旧ブログがあります。 現在は閉鎖して誰からも見れないようにしているのですが、旧ブログは34歳で大学商学部に通い始めた頃に同時に開設したものです。 420記事あり、たまに読み返すことがあります。今先ほども読み返し…

自営業の売上減少の理由は何か

前に「客数」×「客単価」について説明しました。 これは売上を作っていくうえでの公式になります。 では現状で売上減少している場合は「客数の減少」でもなく「客単価の減少」でもなく「固定客の減少」が考えられます。 固定客離れの理由は次の3つが多くを占…

常識や先入観や偏見に囚われない

自営業経営にとって常識や先入観や偏見に囚われていると、見なくてはいけない真実が見えなくなります。 特に二代目や三代目の事業を継承した自営業者であれば、先代からの固定観念をも受け継いだ思考になってる人が多いように感じます。 元プロ陸上選手の為…

ピント外れのアドバイスをされた経験

起業して数年間、どうやっても経営が上向かない時に、身近な成功している経営者にアドバイスを求めたことがあります。 現状の経営状態を一通り説明すると「地域に根付いた商売をするためには自治体の仕事などに極力参加するのがいい」と、これだけを言われま…

店舗経営に不利な立地にある理髪店

以前ブログ記事にしました、当店の向かいの空きテナント。 結局、上記ブログ記事の内覧にきた方はこのテナントには決めなかったようです。 その後しばらくして向かい空きテナントが改装されはじめました。どうやら当店の並びにある理髪店が建て替えのために…

なるほど納得のPR(ヘアサロン)

くせ毛の私は髪を切る店選びに苦労します。 決まっていくような理髪店、美容室は今のところありません。 そんな以私ですが、以前旅先で見かけた看板が忘れることができないヘアサロンがあります。 その看板にはこうありました、、、「くせ毛に悩む人だけ来て…

自営業のリスク回避

ここ最近、虫歯の治療(歯石除去で虫歯が発見されまして(^^;;) そして季節の変わり目になってきて仕事が忙しくなりブログの更新を怠っておりました…。習慣にしていくのは難しいですね。 繁忙期に入るとお決まりかのように機材の故障が出てきます。 この業に…

自営業経営を車に例えてみる

経営の身構えもなく自営業で起業することは、仮免許の状態で高速道路を車でかっ飛ばすくらい危険を伴います。 ですが、走り出さないと気づかないことも多くあります。 実際に走り出して「意外とイケる人」がいるかもしれませんし、「即座に大事故を起こす人…

チャンスをつかめる人、チャンスをつかめない人

一昔前、店舗を構え真面目であれば成功できた時代がありました。 私も開業当初「真面目にコツコツとやっていれば、いつか報われる」そう信じて、真面目にコツコツとやり続けていましたが一向に報われることはありませんでした。 そんなダメ商売人がどうして…

自営業の戦い方を考える

「自社にしかできない仕事」、「自分にしかできない技術」を持っていれば誰とも競争することはないのですが、大半の自営業が大勢の中の1つだと思います。 その大勢の中で少しでも優位に立つために同業他社と戦わなくてはいけません。 スポーツにしてもゲーム…

起業が向かないひと

知人のAさんの話です。 某家電メーカーを50代で退職してOAサプライ業で起業しました。 家電メーカー時に築いた人脈を利用して、取引先の開拓は順調におこなえましたが、受注が入らないと相談を受けました。 その話を聞いて、私がもし取引先であるとすれ…

勝ち残るために諦める

モノポリーの世界チャンピオン(日本人)が勝ち残るための術をラジオで話していました。 その中で、とても共感できた一言がありました。 立場が悪くなった場合、勝ちにこだわらずに直ぐに諦めることが大事。無理してもがいても情勢は悪くなるばかりだから。…

飲食店でがっかりしたこと

飲食店でがっかりしたこと。 「うちのもつ鍋おいしいわよ」と女将の言葉につられて注文すると、家庭用のもつ鍋スープの袋をバックヤードから持ってくるのが見えた… また別の店で、ポテトチップを注文すると、カルビーのポテトチップスをお皿に盛るのが見えた…

自営業もフェラーリのように「高く」「狭く」「価値」を売る

イタリアの高級車メーカー「フェラーリ」 フェラーリの1日の生産台数は30台ほどで年間販売台数は7,000台以下に抑えられています。 トヨタの年間販売台数は1,000万台ほどですのでフェラーリの販売台数がいかに少ないかが判ります。 世界の富裕層からの注文が…