自営業を成功させるための繁盛論

いつ潰れてもおかしくない瀕死の状態にあった自身の経営する店舗を立て直した私本人が、 個人事業(自営業者)に向けた小さな経営のための繁盛論を記しています。 開業後10年以上の生存率は数%といわれる厳しい現状で、創業15年を超えることができた「プロ自営業者」という肩書をもつ自営業者です。

自営業の戦い方を考える

「自社にしかできない仕事」、「自分にしかできない技術」を持っていれば誰とも競争することはないのですが、大半の自営業が大勢の中の1つだと思います。 その大勢の中で少しでも優位に立つために同業他社と戦わなくてはいけません。 スポーツにしてもゲーム…

野外ライブとジャズ喫茶

先週末、3月まで所属していましたバンドが出演する野外イベントに行ってきました。 このイベントは周辺に会場が8ステージあり、どこも人人人でごった返しでした。さすが九州一の歓楽街での無料イベント。 所属していたバンドは、こちらの会場で18:40スタ…

起業が向かないひと

知人のAさんの話です。 某家電メーカーを50代で退職してOAサプライ業で起業しました。 家電メーカー時に築いた人脈を利用して、取引先の開拓は順調におこなえましたが、受注が入らないと相談を受けました。 その話を聞いて、私がもし取引先であるとすれ…

勝ち残るために諦める

モノポリーの世界チャンピオン(日本人)が勝ち残るための術をラジオで話していました。 その中で、とても共感できた一言がありました。 立場が悪くなった場合、勝ちにこだわらずに直ぐに諦めることが大事。無理してもがいても情勢は悪くなるばかりだから。…

自営業の経営戦略はシンプル

誰でも、自らの強みについてはよくわかっていると思っている。だが、それはたいてい間違っている。強みを知る方法は1つしかない。フィールドバック分析である。 と、米国の経営学者ピーター・ドラッカーは教えています。 自分では「他店と違う」と思っていて…

プロフィール

コットンよしずみ(@cottonpathos)1975年生 やぎ座 A型 18歳~フリーター高校卒業後フリーターでスポーツカー改造に貢ぐ。 22歳~自動車用品を取扱う商社に就職会社と取引先に媚びを売るのに我慢の限界を感じ、自立できる道を模索。 25歳~西暦2000年にクリ…

残念な飲食店に遭遇して思うこと(焼き鳥屋)

家族4人で焼き鳥屋さんに行ったときの話です。 飲み物は直ぐに出てきましたが、 焼き鳥が中々きません。 やっと出てきました2串。 また待つこと10分で2串。 遅すぎます。 こちらの住宅街で古くからやってそうな焼き鳥屋さん、母と息子の親子で切り盛りしてい…

食品ロスの新聞コラムを読んで

昨日の日経新聞夕刊のコラムで、 日本は世界有数の食品廃棄国で年間1700万トンの食品を廃業物が発生し、このうちまだ食べられるものを捨てている「食品ロス」は500万から800万トンに上る。 と、ありました。 食品ロスと言えば…昔、某コンビニの弁当工場に出…

自営業を成功させるためにはバランスが大切

自営業を成功させるためにはバランスが大切です。 それは下記の「a」「b」「c」のバランスです。 a,自店がやりたいこと(意欲) b,自店ができること(技術) c,お客さまが自店に求めるもの(価値) うまくいかない自営業は「a,自店がやりたいこと」「b,自店…

飲食店でがっかりしたこと

飲食店でがっかりしたこと。 「うちのもつ鍋おいしいわよ」と女将の言葉につられて注文すると、家庭用のもつ鍋スープの袋をバックヤードから持ってくるのが見えた… また別の店で、ポテトチップを注文すると、カルビーのポテトチップスをお皿に盛るのが見えた…

立地選びは慎重に

向かいの空きテナントを見に来た方がいました。このテナント以前は中華料理店でした。開業して2年ほどで廃業してしまいましたが... この辺りは色々と環境が急激に変わり商売が難しい場所になり、 過去に様々な店舗が廃業していくさまを見てきました・・・ ha…

自営業もフェラーリのように「高く」「狭く」「価値」を売る

イタリアの高級車メーカー「フェラーリ」 フェラーリの1日の生産台数は30台ほどで年間販売台数は7,000台以下に抑えられています。 トヨタの年間販売台数は1,000万台ほどですのでフェラーリの販売台数がいかに少ないかが判ります。 世界の富裕層からの注文が…

技術に自信があるのに集客ができない

知り合いやそのまた知り合いに頼まれ、経営不調な飲食店やヘアーサロン等の経営相談をボランティアで数店舗引き受けたことがあります。相談者は皆さん自身で開業した自営業者です。 相談者へのヒアリングで共通点がいくつかありました。それは「技術に自信が…

自営業開業の準備期間を振り返る

検索ワードで「自営業〜」でヒットする記事も出始めたようで、ブログを見てくれる方が少しづつですが増えてきました。当ブログが、すでに自営業者の方やこれから自営業を始めたいと思っている方の参考になれば幸いです。今回は、開業準備について私自身の経…

売上から考える「顧客の創造」

自営業を存続していくためには日々の売上が不可欠です。 売上高を見ることで経営の規模を把握することができます。 売上高は客数と客単価に分解されます。これを式で表すと売上高=客数×客単価となります。客数とは、自社を利用した顧客の数です。客数が多い…

アイデアに行き詰ったときのチェックリスト

アイデアに行き詰ったときにオズボーンのチェックリストを使ってみてはどうでしょうか。 オズボーンのチェックリスト ①ほかの利用方法はないか?現在の利用方法と別の使い道を考える。 ②ほかのアイデアが借りられないか?似たようなものから何かマネできるも…

30年以上続けたトランペットをやめて思った精神力のタフさ

今まで生きてきて健康診断を一切したことがありませんでした。自営業者で40歳「そろそろ身体にも配慮が必要かな」と去年から健康診断で成人病検査やガン検査を受診するようにしました。 上記の検査では、特に異常もなく健康そのもので安心しました。 そして…

サービスの多様性について考える

モノ(製品)とサービスでのマーケティングの違いを考えてみます。 モノは 企業(供給側)←→顧客(需要側)という関係になり、顧客にとって製品満足度が重要になります。 モノに比べてサービスは企業←→従業員←→顧客そしてまた企業へと三角関係となります。 …

店舗経営をする知人にチラシのアドバイス

事業の安定・成長のためには、既存顧客の維持だけでなく 新規顧客を獲得する取組みが不可欠です。 そのために広告、キャンペーン、イベントなどを用いた販促で 新規顧客を開拓していかなければなりません。 自営業のような小さな経営の場合は、販促に充てる…

客離れについて考えてみる

私は、よく仕事中ラジオを聴きます。午前中はNKHのラジオ第一の番組を車の運転中に聴いているのですが、 小中学校が夏休みの期間は「夏休み子ども科学電話相談」と「高校野球」が放送されていて、いつも聴いている番組は八月末まで夏休み。この間、ラジオを…

飲食店について傍らから見て感じること

飲食店について消費者として傍らから見て感じることがあります。居酒屋寄の内容でお許しください(笑) ・店内への入りやすさ初めて入る店は中々勇気が必要になります。それを左右するのは入りやすい店構えになります。外から店内の様子などが伺えるとベストで…

事業主の60%以上が「本業だけでは生活できない」

以前、目にした新聞に中小企業経営実態調査(商工団体連合会)という記事があり、60%以上の事業主が「本業だけでは生活できない」と回答したと載っていました。 個人事業を含む中小企業を取り巻く環境は年々と深刻な状態です。 私も開業数年間は「本業だけ…

フリーで起業したあとのもう一歩

先日、起業して数ヶ月の悩める人の話に立ち会う機会がありました。 勤めていた会社&上司との方向性の違いを感じて退職その分野で独立したフリーのクリエイター31歳男性 務めていた分野での起業はよくある話です。 余談になりますが、会社に身を置いていたら…

時間には二種類の流れがある

物事をするにあたり時間の経過が違うことってありませんか?通常、時間は一日24時間で刻まれています。 だけど、妙に「時間の経過が早い・・・」ってありますよね? 時間の感覚には二種類あるそうです1つは「ニュートン時間」万有引力を発見したイギリスの科…

あきらめてしまう動物の本能

昆虫のノミは、自分の背丈のおよそ八〇〇倍の跳躍をもつそうです。このノミを使って、ある実験のお話です。 適度な高さの広口のガラス容器にノミを入れて、上からガラスの蓋をすると当然、ノミは逃げ出そうと何度も飛び跳ねる しかし、その度にガラスの蓋に…

ライバルは誰なのか?

「MacはWindowsがライバルだったのか?」 大きなシェアを持つMicrosoftに追いつき追い越すことをAppleは目標にしていたのでしょうか。 私は「NO」だと思います。 なぜなら目指していたのは、PCを変えることでありPCとユーザーの関係を変えることにあったので…

点をたくさん集めて線でつなぐ

買い物や外食にいって他業種に触れたときに 「このアイデアはいいな」「ここのサービスはいいな」と思ったことは誰にでもあるのではないでしょうか。 そのようないいモノは是非とも商売に取り入れたいと思っても、うまく商売に活かせない場合があります。 だ…

成功することができない「無理な願い」を求める人

人は自分にないものを求めてしまうものです。 その多くの求めは、購買によって満たされますが、、物理的に考えて無理な願いもあるのではないでしょうか。 経営でも同じように「無理な願い」を求める人がいます。 「ライバル店が近くにいなければ」「有能な人…

5W1Hで成功するためのキッカケを掴む

経営が不調ならば原点を振り返って考えなおすことも必要です。 色々な角度から現状を5W1Hを用いて掘り下げていくと糸口が見えやすくなります。 5W1Hとは、、、 いつ(When) どこで(Where) だれに(Who) なにを(What) なぜ(Why) それぞれの頭文字をとった5Wに「…

古い考えから変化することができない経営は守ることも攻めることも継続することもできない

哲学者ニーチェの言葉で「脱皮できない蛇は死ぬ(滅びる)」とあります。 古くなった皮膚を脱ぎ捨てる行為である脱皮が正常に行う事が出来ない 蛇は長く生きれないそうですが、ニーチェは、この蛇の脱皮に『成長』するための 『変化』が必要であると人生観を…

「こんなはずじゃなかった…」と頭を抱える自営業者は多い

開業後、想像していたように集客ができず売上が最悪で「こんなはずじゃなかった…」と言葉が出てしまう自営業者は多いと思います。 開業資金を調達して、予算以内で立地を選んで、機材・資材を設置して「無事に開店することができた!」「さ~お客さん来てく…

残念な飲み屋に遭遇して思うこと

酒飲みなので色々と飲み歩いておりますが初めての店を利用するときに商売がうまくいってなさそうな個人経営の居酒屋に遭遇することがあります。経験上になりますが、このような残念な店には共通店があります。※オーダー商品が出てくるのが遅い※店内が清潔で…

小さいなりの戦い方

スポーツキャスターで大相撲解説者の舞の海秀平 氏が以前ラジオで語っていました。 「最近の若手力士は、親方の指導を真面目に素直に聞くのだが、自分で考える思考をストップさせている力士が目立つ。 所属する相撲部屋の親方の指導は絶対だが、過去優秀な力…

カエルとウナギから考える経営

ぬるま湯の蛙の話をご存じでしょうか。 蛙を熱湯の中に入れると熱さで飛び出てきます。 しかし、ぬるま湯から蛙を入れて少しずつ熱していくと蛙は逃げ出すことなく茹で死ぬという話です。 「先代の成功にぶら下がる」「いずれは報われる日がくる」と甘い考え…

顧客に支持される3つの条件

商売はなんであれ、目指す目標は「この店にまた来たい」とお客さんに思ってもらえることです。 好感を持たれることで商売の価値を上げてもお客さんは自店を利用してくれますし、同じような商品やサービスを提供する競合他社がいても不毛な競争に巻き込まれる…

経営に共通する道に迷う行動心理

人は自分にないものを求めてしまうものです。 その求めの多くは、購買によって満たされますが、物理的に無理な願いもあるかと思います。 経営でも同じように「無理な願い」を求める人がいます。 「ライバル店が近くにいなければ」「有能な人材さえいれば」「…

パズルでなくレゴブロック的な発想

パズルのピースはひとつとして同じものはありません それとは対照にレゴブロックは全てが汎用品で組み合わせが自由です。 経営において目的を達成するための「こたえ」は、レゴブロックのように自ら組み合わせて創り出さなければなりません。 私達は、「こた…

繁盛店を真似しても繁盛できない理由

「流行っている店の真似をすれば簡単に繁盛できるんじゃないの?」と言うひとがいます。 例えば流行っている飲食店でメニュー、店構え、接客、器、BGM、チラシやDMを真似したとしても、それは「見た目」を整えたにしかすぎないのです。 真似することで仮にス…

低コストで集客できるマーケティング思考

事業の安定・成長のためには、既存顧客の維持だけでなく 新規顧客を獲得する取組みが不可欠です。 そのために広告、キャンペーン、イベントなどを用いた販促で新規顧客を開拓していかなければなりません。 小さな経営である自営業の場合は、販促に充てる予算…

開業したばかりで集客に苦戦する飲食店

近所に開業したインド料理店集客がうまくいっていない様子です。 私は、このインド料理店が開業準備をしている段階から「この場所での成功は厳しいだろう」と予測していました。 なぜなら、この付近は店舗集客にとって立地がとても悪いからです。 県道沿いで…