読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自営業を成功させるための繁盛論

いつ潰れてもおかしくない瀕死の状態にあった自身の経営する店舗を立て直した私本人が、 個人事業(自営業者)に向けた小さな経営のための繁盛論を記しています。 開業後10年以上の生存率は数%といわれる厳しい現状で、創業15年を超えることができた「プロ自営業者」という肩書をもつ自営業者です。

「こんなはずじゃなかった…」と頭を抱える自営業者は多い

f:id:hanzyou:20160606084157j:plain

開業後、想像していたように集客ができず売上が最悪で
「こんなはずじゃなかった…」と言葉が出てしまう自営業者は多いと思います。

開業資金を調達して、予算以内で立地を選んで、機材・資材を設置して
「無事に開店することができた!」「さ~お客さん来てください」誰も来ない……と


自営業をはじめるにあたり経営計画をしっかりと立てる事業者はほどんどいません。
それは商工リサーチによる全企業の年間の倒産データを見れば明確です。
創業初年度に30~40%が廃業していて、その多くを自営業が占めているのですから。


どうすればいいのか??

世の中の景気をよくする
いち個人の力ではどうすることもできません。


店舗をもっと立地のよいところに移転する
コスト掛がかり過ぎます。しかも可能だとするなら既に創業時に立地のいい場所を選択しているはずです。


大々的な広告を打つ
無能な広告業者などに丸投げして費用を吸い取られてるだけで売上は上がることはありません。
無能な広告業者に依頼することは金をドブに捨てると同然です。


有能な人材を雇う(飲食店で例えるなら三ツ星レストランのシェフとか)
これもコストが掛かり過ぎます。一緒に働いてくれている奥さんにさえ給料を渡せていない状況ですよね。


激安販売に切り替える
コストは一切掛かりません、今まで体験したことないくらいの集客ができ売上も伸びていくことでしょう。
しかし安さに惹かれる客は値段にしか魅力を感じていないので、じきに他店に流れていくことを考えれば安売りは経営体力の首を絞めるだけです。

 

だからどうすればいいのか??

経営を見直して自力で立て直す
コストも掛けずに自営業を立て直すには頭で考えるしか方法はありません。著者も廃業状態の自営業を立て直した経験があるので断言できます。


「何をどうしたらいいのかが判らない」

まずは現状の把握から開始することです。

自店を取り巻く環境をしっかりと整理しながら表に書き出します。
整理をすることが必要なのは、現状における立ち位置から「誰に」たいして「何を」おこなうのかを明確にして不特定多数をターゲットにするのではなく特定客層にアプローチをすることが自営業には有効だからです。


自分が思う主観的な視点・他者からの客観的な視点と様々な角度から「足りている」「足りない」部分を把握してください。自営業成功のカギは抽象的にとらえた自分なりの考えにあります。とにかく考えることから始めてください。