読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自営業を成功させるための繁盛論

いつ潰れてもおかしくない瀕死の状態にあった自身の経営する店舗を立て直した私本人が、 個人事業(自営業者)に向けた小さな経営のための繁盛論を記しています。 開業後10年以上の生存率は数%といわれる厳しい現状で、創業15年を超えることができた「プロ自営業者」という肩書をもつ自営業者です。

店舗経営をする知人にチラシのアドバイス

f:id:hanzyou:20160725165510j:plain

事業の安定・成長のためには、既存顧客の維持だけでなく 新規顧客を獲得する取組みが不可欠です。

そのために広告、キャンペーン、イベントなどを用いた販促で 新規顧客を開拓していかなければなりません。

自営業のような小さな経営の場合は、販促に充てる予算が限られているために、低コストで効果を出すことが必要となります。

 

先日、店舗経営をしている知人にポスティング用チラシのアドバイスをお願いされ、販促について考える機会がありましたので記したいと思います。

 

知人が持参したチラシを見て

スティングしても反応がない理由が一目で分かりました。

なぜなら「文字が多すぎる……」

文字の詰め過ぎで圧迫感さえあります。

次に思うのは、何を伝えたいのかがよく分からない。

もしこのチラシが我家のポストに入っていたら、目を通すことなく即座にゴミ箱にいれることでしょう(笑)

チラシの制作方法を尋ねると、、、自身で制作したエクセルデータを激安印刷店に入稿したそうです。

 

このチラシを見て知人に3つのことをアドバイスしました。

①店案内と集客ツールを履き違えている

関心を引くためには文字の塊を作らずにシンプルに見やすくすること。

伝えたいことが、たくさんあるのは分かるが、店案内とチラシつまり集客ツールは別物だということ。

 

②コストを削りすぎない方がいい

少々コストが掛かってもデザインをしてくれる印刷店に依頼した方が良い。それが予算的に無理なら有料のテンプレートやイラスト、画像を使用してビジュアル感を出した方が手にされる確率が高くなること。

 

③ターゲットは誰なのかを明確にする

ただ単に店の存在を知ってもらおうと不特定多数に向けたチラシにするのではなく、「誰に伝えたいのか」を明確にすること。

誰とは、つまり自社を必要としているひとのことです。

自社を必要としているひとが誰なのかは様々な角度から分析して探しだすしかありません。

 

以前5W1Hでも記しました

hanzyou.hateblo.jp


せっかくチラシを自作しても反応がなければ無駄な費用にしかなりません。

 

これを繰り返すと「広告の反応がない=広告で販促をしても意味がない」と解釈し、尚更に新規開拓から遠のいてしまいます。

 

反応を見ながらトライ&リカバリーを繰り返しましょう。

 

店舗経営にとって低コストで効果がでる広告販促は永遠の課題です。私もまたまだ勉強中の身ですが、、、