読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自営業を成功させるための繁盛論

いつ潰れてもおかしくない瀕死の状態にあった自身の経営する店舗を立て直した私本人が、 個人事業(自営業者)に向けた小さな経営のための繁盛論を記しています。 開業後10年以上の生存率は数%といわれる厳しい現状で、創業15年を超えることができた「プロ自営業者」という肩書をもつ自営業者です。

立地選びは慎重に

起業・創業・開業 環境分析

f:id:hanzyou:20160816112952j:plain

向かいの空きテナントを見に来た方がいました。

このテナント以前は中華料理店でした。
開業して2年ほどで廃業してしまいましたが...

 
この辺りは色々と環境が急激に変わり商売が難しい場所になり、
過去に様々な店舗が廃業していくさまを見てきました・・・
 
この物件をネットで探ってみると、鉄筋コンクリート4階建てビルの1階
99㎡/約30坪で家賃は10万円で居抜き譲渡金が180万円

この辺りの相場では、半分の15坪ほどがほぼ同額くらいなので、この物件がかなり家賃が安いテナントというのが分かりました。
 
「テーブルやカウンターと設備が一通りの揃った居抜き物件ですので、飲食店なら看板変えれば直ぐにでも営業開始できます」と、不動産の営業の声が聞こえてきそうです。
 
 
で、向かいのテナントを見に来た方1時間ほどかけて入念に見ていましたが、このテナントがどのように映ったのかな。
 
毎回思うのですが、向かいにある当店に何か聞きに来てくれたらと思います。
間違いなく「ここで商売はやめといたほうがいい」と、即答します。

いくら安い家賃で固定費を削減できるのは魅力的であっても集客できなければ、
メリットは失われます。

それであっても他にも色々と物件を見に行って、最終的に決断するのは自営業者本人なのですけどね。