読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自営業を成功させるための繁盛論

いつ潰れてもおかしくない瀕死の状態にあった自身の経営する店舗を立て直した私本人が、 個人事業(自営業者)に向けた小さな経営のための繁盛論を記しています。 開業後10年以上の生存率は数%といわれる厳しい現状で、創業15年を超えることができた「プロ自営業者」という肩書をもつ自営業者です。

自営業での岡目八目

環境分析 マーケティング

f:id:hanzyou:20160704083205j:plain

囲碁の格言に「岡目八目」という言葉があります。

傍らで見ている人の方が、碁を打っている当事者よりも八手先まで読むことができる。

という意味です。

つまり、碁を打つ当事者は勝負に関して欲が出てくるために判断が狂うが、
傍らで見ている人は客観的に局面を見通すということです。

 

自営業者にも岡目八目のようにアドバイスをしてくれる第三者がいれば、
経営を見通してくれかもしれません。

数年前に、自身の「これからの事業での成長」を考えていた時に色々な人達に相談したことがあります。会社経営者、コンサルタント中小企業診断士、経営戦略家と。

相談して感じたことは、自分が考えている成長方向とアドバイスの方向が違うことが気になりました。

人づてで紹介してもらい、各者初対面で無料の範囲での相談でしたので、深い経営カウンセリングはできなかったとしてもズレている感じがしました。

もちろん正規の料金を支払い、依頼をすれば有効な方法も出るかもしれませんが、
プロのアドバイザーであっても、経営を見通すような的確なアドバイスは抽出できないかもしれません。

hanzyou.hateblo.jp

この以前の記事にあるように、プロのアドバイザーであっても見えない部分が存在している。そう直感しました。