自営業を成功させるための繁盛論

いつ潰れてもおかしくない瀕死の状態にあった自身の経営する店舗を立て直した私本人が、 個人事業(自営業者)に向けた小さな経営のための繁盛論を記しています。 開業後10年以上の生存率は数%といわれる厳しい現状で、創業15年を超えることができた「プロ自営業者」という肩書をもつ自営業者です。

ライバル多し歯科医院の過当競争

f:id:hanzyou:20160606121855j:plain

朝食を食べていると「ガリッ」と堅いものが。異物混入?と思い慌てて取り出すと、
奥歯にかぶせていた銀歯が取れていました(笑)

 

さっそく治療にと何年かぶりに近所の歯科医院へ。

この歯科医院1年ぐらい前に外装をリフォームしていたのは知っていましたが、内装リフォームや機材も一新されていて、とてもきれいな歯科医院に生まれ変わっていて驚きました。費用もかなり掛かったのだろうと想像できます。

きっと近くに新しい歯科医院が開業した影響もあるのかと思います。

最近都心でも郊外でも歯科医院が次々に増えていることに気がつきます。

調べてみると歯科医師過剰により歯科医院数が近年増え過ぎているようです。

今では深夜まで診察、24時間診察、日祝もおこなう年中無休診察も当たり前のように目にするようになりました。

他店と違いを出し集客していくとなると、我々の店舗商売と同様に歯科医院もサービス産業と化しています。

今後、少子高齢化による患者減少によって歯科業界はさらに過度の競争状態が激しくなっていくことでしょう。