読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自営業を成功させるための繁盛論

いつ潰れてもおかしくない瀕死の状態にあった自身の経営する店舗を立て直した私本人が、 個人事業(自営業者)に向けた小さな経営のための繁盛論を記しています。 開業後10年以上の生存率は数%といわれる厳しい現状で、創業15年を超えることができた「プロ自営業者」という肩書をもつ自営業者です。

自営業のリスク回避

自営業 リスク

f:id:hanzyou:20160604082807j:plain

ここ最近、虫歯の治療(歯石除去で虫歯が発見されまして(^^;;)

そして季節の変わり目になってきて仕事が忙しくなりブログの更新を怠っておりました…。習慣にしていくのは難しいですね。

繁忙期に入るとお決まりかのように機材の故障が出てきます。

この業には、自営業とはいえ大型の機材を数台設備しなければ務まりません。
コインランドリーを想像していただければ分かり易いかと思います。

ひとつの機材の価格は百万円前後するのもざらですので、そう簡単に壊れても買い替えることが簡単ではありませんので、大切にメンテナンスをしながら長く使用していくことが必要です。

先日、慌ただしくしている最中に乾燥機のヒーター部分がトラブルを起こし使えない状態になりました。
作業終了後でしたので、まだ熱冷めぬ蒸気配管を汗だくになりながら外し、20kgほどもあるヒーターを機材上部から取り外し、車で20分ほどの溶接工場に持ち込み無事に修理を終えて、翌日の就業に間に合わせることができました。

このようなバタバタした苦労を今まで何度も経験しています。

大型の工場を所有して同じ機材を余分に設備できていれば、慌ただしく走り回る必要はありません。

ですが自営業ほどの規模でそれらの設備をすることはできません。機材の故障は仕事がストップしてしまうリスクとなってしまうのです。

そうなった場合のリスクを想定して回避方法を準備しておかなければなりません。

もちろん今回のヒーターが修理ができなかった場合の回避方法は持ち合せておりました。上記にあるような大型の工場を所有する同業者と繋がりを持っており、日頃から「機材の故障時には手を貸してほしい」という話をしてあります。

このようなリスク回避を考えておくことが自営業には必要になります。