読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自営業を成功させるための繁盛論

いつ潰れてもおかしくない瀕死の状態にあった自身の経営する店舗を立て直した私本人が、 個人事業(自営業者)に向けた小さな経営のための繁盛論を記しています。 開業後10年以上の生存率は数%といわれる厳しい現状で、創業15年を超えることができた「プロ自営業者」という肩書をもつ自営業者です。

自営業の生産性を考える

飲食店 マーケティング

f:id:hanzyou:20160603170105j:plain

当ブログでは何度か料理提供の遅い飲食店の話をしました。

私がたまたま料理提供に時間が掛かる飲食店に遭遇する確率が高いのかもしれませんが、

「ここも遅い店か・・・」と思わせる店が本当に多いです。

そのほとんどが個人経営の飲食店です。

それに比べ、大手企業の飲食店では、料理提供に時間が掛かり過ぎと思うことはほとんどありません。
それは徹底した「能力」と「効率」の生産性の管理がされているからです。

以前フリーター時にファミレスでキッチンコックのバイトをやっておりましたが、
客数予測、材料仕込み、料理別の動線、提供時間が細かく決められていて、
「待たせる=悪」といった感じで、毎日キッチン責任者(社員)鬼チーフに鍛えられていました。

もちろん従業員人数の多いファミレスと個人飲食店は違うとは思います。しかし同じ飲食店として考えれば、「いかにして回転数を上げて行くか」が飲食店経営の肝になるのは間違いありません。そして店に対して好感度が上がれば必ずリピート客となります。

大小関係なく良い部分は取り入れていきましょう。