自営業を成功させるための繁盛論

いつ潰れてもおかしくない瀕死の状態にあった自身の経営する店舗を立て直した私本人が、 個人事業(自営業者)に向けた小さな経営のための繁盛論を記しています。 開業後10年以上の生存率は数%といわれる厳しい現状で、創業15年を超えることができた「プロ自営業者」という肩書をもつ自営業者です。

店舗経営に不利な立地にある理髪店

f:id:hanzyou:20161006173121j:plain

以前ブログ記事にしました、当店の向かいの空きテナント。

結局、上記ブログ記事の内覧にきた方はこのテナントには決めなかったようです。

その後しばらくして向かい空きテナントが改装されはじめました。
どうやら当店の並びにある理髪店が建て替えのために仮店舗として賃貸したようです。

この理髪店、年配のオーナーが夫婦でされているような昔ながらの理髪店です。
そこへ何年か前に息子さんが戻ってきて(どこかに修行に行ってた?)親子でやっていました。1度だけ利用したことがあります。

私の予想では、近くに住む息子家族と自宅兼理髪店を建て替えて、「二世帯住居にするのだろう」と思っています。よそ様の干渉はどうでもいいのですが…

で、向かいにある仮店舗なんですが、当店からカットしている様子がよく見えるのですがお客がほとんど入っていません。(マーケッターの性分としてつい目が行ってしまうのです、、、)

たまたま目をやった時だけお客がいないのでしょうか?きっと違うと思います。

以前にもブログ記事にしましたが。この周辺は集客に不利な立地です。

この理髪店も集客に苦労している店舗であると私は感じました。

人口減少などの影響で長期的に考えれば、この立地に留まり理髪店が成長を期待するのは難しいのではないでしょうか。

住宅兼店舗を建て替える予算を集客できる好立地に移転する資金に充てた方が、
これから先の経営にとっては有効だと思います。

などと勝手に考えてしまいます。再度よそ様の干渉はどうでもいいのですが…