自営業を成功させるための繁盛論

いつ潰れてもおかしくない瀕死の状態にあった自身の経営する店舗を立て直した私本人が、 個人事業(自営業者)に向けた小さな経営のための繁盛論を記しています。 開業後10年以上の生存率は数%といわれる厳しい現状で、創業15年を超えることができた「プロ自営業者」という肩書をもつ自営業者です。

残念なアルバイトの接客

f:id:hanzyou:20160728171620j:plain

先週、久しぶりに訪れたラーメン屋での出来事です。

座ったカウンター席の向かいにある厨房で大学生と思われるアルバイト店員2人(男性)の話声がとても耳障りでした。

もちろん調理中もずっとおしゃべり・・・仕事とは全く関係の無い内容です。

私もフリーター時代に厨房に入った経験がありますが、換気扇や調理の音で厨房での話声はついつい大きくなります。

そして店内の客が去った後の器の片づけも数席されていません。さらに「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」の挨拶もしていません。

いつもいる店主は不在なのか休憩中なのか分かりませんが、こんな最低なアルバイト店員に任せていたら、客離れがおきるかもしれません。

「料理を提供するといったオペレーションをアルバイトを使って適切に行う」

ことはできていても、その他のことが欠けていれば簡単に客足は遠のきます。

 

私を含めた店内に居た他のお客さんもきっと「せっかく気に入って通っているんだから、、、ちゃんと教育しろよ店主」と思ったに違いありません。