自営業を成功させるための繁盛論

いつ潰れてもおかしくない瀕死の状態にあった自身の経営する店舗を立て直した私本人が、 個人事業(自営業者)に向けた小さな経営のための繁盛論を記しています。 開業後10年以上の生存率は数%といわれる厳しい現状で、創業15年を超えることができた「プロ自営業者」という肩書をもつ自営業者です。

自営業の売上減少の理由は何か

f:id:hanzyou:20160607080157j:plain

前に「客数」×「客単価」について説明しました。

これは売上を作っていくうえでの公式になります。

では現状で売上減少している場合は「客数の減少」でもなく「客単価の減少」でもなく「固定客の減少」が考えられます。

固定客離れの理由は次の3つが多くを占めます。

①引越しなどで他の地区に転居

②他店への流出

③何らかの不満が生じる

店側として①はどうすることもできないですが、②③は店側の原因になります。 

「顧客意識」のあり方に変化はないかと、いつも新たな座標軸を追加しながら固定客を見るように努めることが必要です。