自営業を成功させるための繁盛論

いつ潰れてもおかしくない瀕死の状態にあった自身の経営する店舗を立て直した私本人が、 個人事業(自営業者)に向けた小さな経営のための繁盛論を記しています。 開業後10年以上の生存率は数%といわれる厳しい現状で、創業15年を超えることができた「プロ自営業者」という肩書をもつ自営業者です。

「行き詰った場合の対処法」虫眼鏡→ニンジン→リフォーム→望遠鏡

f:id:hanzyou:20160803184031j:plain

以前、新聞コラムにありました作家の沖方 丁氏の行き詰った場合の対象法です。

 

①虫眼鏡
最も対処すべきことにクローズアップし、それ以外は視界からも思考からも消し去る。
時間がないときほど効果的(中略)かつて万里の長城の建設では、一部が完成したら何もない場所へ移動し作業したという。巨大な全体像が見えると、今の作業がちっぽけに思えて意欲を失うからだ。

②ニンジン
馬の目の前にぶら下げて走らせるという、よくある喩えである。「ご褒美」を用意しておく。

③リフォーム
虫眼鏡ニンジンも効果がないときは、現実を楽しみ笑えるように何とか頭の中を模様替えする。視点を変え考え方を変えてのち、虫眼鏡とニンジンを再び試す。

④望遠鏡
考えられる限りの最高最大の目標を設定することで、達成感と成功体験によるモチベーション低下を防ぐ。

 

氏がライターズブロックに衝突した際のスランプ対処法を記していた内容ですが、自営業を進めるための企画書や広告ツールなどを作成する場合にも応用できる対象法ではないかと思います( ..)φ