自営業を成功させるための繁盛論

いつ潰れてもおかしくない瀕死の状態にあった自身の経営する店舗を立て直した私本人が、 個人事業(自営業者)に向けた小さな経営のための繁盛論を記しています。 開業後10年以上の生存率は数%といわれる厳しい現状で、創業15年を超えることができた「プロ自営業者」という肩書を勝手にもつ自営業者です。

努力は量より質である

経営の「努力が報われない」のは努力の中身に問題があるのかもしれません

 

以前、教育者がこのように語っていました

詰め込み式の学習で時間をかけて覚え、暗記した内容を試験で吐き出すことを繰り返す生徒が大勢います。

しかし暗記する学習方法だけでは全てを補うことができません。そこには考える能力が不足しています。不足している考える能力を高めるためには別の学習方法が必要となり、試験で結果を出すためには両方のバランスが重要になります。

 

 

努力も同じように量と質のバランスが大切です。

「努力が報われない」と嘆いていても努力の質に問題があれば、無駄なことに時間を費やしているだけになります。

 

 

にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ
にほんブログ村