MORE Trumpet

音楽好きな自営業者でトランペッター

出会いは突然に、ベーシストの第一歩

子供が通う中学校の父親保護者会というのに参加しています。

主な仕事は、体育祭の交通整理、文化祭の出店、数ヶ月に一度の夜間防犯パトロール、たまの飲み会などをしています。

今月初めに体育祭があり交通整理を行いました。

世間話などをしながらやれる雰囲気なので堅苦しさもありません。

 

そこで久しぶりに会ったMさんと談笑していましたら「あれから電子ドラム買って練習しているんですよ」と、、、

 

実は、ちょうど一年前に「若い頃バンドでドラムを叩いてました」と私がバンドマンだと知りMさんが話しかけてくれたことがありました。

その会話の後日にMさんは、またドラムを叩きたい衝動にかられたそうで、この一年間ブランクを取り戻す練習をしていたそうです。

 

「それだったらMさん!私がベース弾きますんでバンド組みましょうよ」と意気投合。

中学生の子を持つ父親が中学生のようなノリでバンドを結成することとなったのです。

さすがにベースとドラムだけでは心細いので、翌日知り合いのギタリストに声を掛けて手伝ってもらうことができ、取り敢えずはバンドの形をつくることができました。

f:id:hanzyou:20190617140906j:image

 こんなときは“鉄は熱いうちに打て”というように熱意が高いうちに行動に移すことが大切です。

まずは練習曲の選曲です。ほぼベース初心者である私が弾ける(弾けそうな)曲を選ばしてもらいました。

【バンド ベース 初心者】で検索し、演れそうな曲、且つ皆が知っている曲を探して、モンゴル800の小さな恋の歌に決定させてもらいました。

 

わずか6日間でベースラインと歌を叩き込み(そうですベース初心者なのに弾き語りすることに…)先日の14日に早速スタジオに入ってきました。

緊張しながらもインテンポではじまった「小さな恋の歌」は、なんと初演奏なのに通すことができたのです(感動)

さらに演奏を重ねる度に曲が向上しているのを感じとれました。我々のスキルはきっと高い。

15年のブランクあるドラマー、初心者ベーシスト兼ヴォーカル、優しいギターリストでの2時間の初スタジオが終了しました。

 

後日、Mさんから「先日は最高のスタートが切れましたね!ゆるく長く続けていきましょう」とラインがありました。

またひとり音楽を通じた仲間が増えたことに感謝したいと思います。しかもめちゃくちゃ近所なので飲み仲間にもなる予感です。

 

しかし、こんなに早くベーシストとしてバンド活動が始まるとは、2ヶ月前には予想もしていませんでした。