MORE Trumpet

音楽好きな自営業者でトランペッター。いつでもトランペットが吹けるように防音室をDIYしました。

伝えるのではなく伝わったバンドサウンド

15.16日と連日ライブを終えた。最近調子が良いとブログした通りライブでは気持ちよくトランペットを吹くことができた。

15日は熊本で16日は福岡の会場だったがどちらの会場でもスペースの問題でアルトサックスと並んで吹くことができなかったし、2会場ともこちらへのモニターの返しが無かったので少々やり辛かった。

観客席に届いた出音がどう聴こえたのだろうと、ライブが終わって数人に訊くと
「いつも以上に良かった」と何人かに言われて胸を撫で下ろしたのだが、

いつも以上に・・・と皆こう言ってきた。

「いつもも決して悪くは無いんだけど、今日はバンド全体が凄く良かった」と。

さらに常連のツワモノの女性から「ホーン何か変えたよね?」と言われて、この人はプロ耳でも持っているのだろうか??と驚いた。

なぜなら数日前のスタジオリハでトランペットとサックスのチューニンングヘルツ(周波数)を440HZ→442HZに変更したのだから。

これによってホーンの音色が明るくなりバンド全体の音から突き抜けることをスタジオで試行錯誤して見つけたばかりなのに。

 

それ以外にも「いつも以上」と感じられたのは、レコーディングに向けて曲をブラッシュアップしているからだろうと思う。その効果でサウンドがまとまってきたのを実感している。

 確かに未だに大音量ではあるのだけど、そこまで苦に感じなくなってきたのはサウンドのバランスが取れてきた証かもしれない。

メンバー全員が変化をしていく事で良い方向に好転する。間違いなくこのサウンドが個性であり我々のバンドの世界観なのだ。

 

 

 16日のライブのことを知人がフェイスブックにあげていたので、また勝手に写真を拝借する(笑)

f:id:hanzyou:20200218171050j:plain