MORE Trumpet

音楽好きな自営業者でトランペッター。いつでもトランペットが吹けるように防音室をDIYしました。

俺はケラーのマッチ箱を彼女に手渡した

仕事が終わって帰宅。夕飯を食べて風呂に入るとやることがない。

いつからだろうかテレビは殆ど観ない。ドラマ、バラエティ、クイズ番組、歌番組、スポーツと全く関心が無く観ていない。

おかげで知らない人ばかりが番組に出ている、誰だか知らないと余計に面白いとも思えないので、家族がテレビを観ているリビングをそっと離れる。

そして別室に行きひとり本を読む。毎日この繰り返しだ。

 

以前、近所に大型書店があり中古本コーナーがあった。そこが閉店する際に中古本9割引という仰天のセールをやっていた。確か閉店日に向けて徐々に割り引いていく方式だったと記憶している、最終日がこの9割引になったのだが、すでに多くの本は売れてしまい殆どの棚がスカスカの状態になっていた。

それでも少しでも興味を持てそうな本を片っ端から買い漁った。なんて言ったって1冊、百円〜数十円の破格値だからね。

この時に「探偵はバーにいる」(シリーズ第1作)を購入していたようだ。曖昧な気持ちで手に入れた本やレコードはたいがい忘れて放置してしまう。この記事↓を書いてやっと「探偵はバーにいる」を持っていることに気がついた。なんて作者に失礼な奴なんだろう(笑)

 

ソファーに座り何気に読み進めると<俺>の行末にハマってしまったようだ。「探偵はバーにいる」を一気に読み終えてしまい、日をかけて続編を読んでは買い足していき、ついには全巻読み終えてしまった。

作中の舞台は北海道ススキノ。北海道には行ったことがないが、この本を読んで街並みを想像していると一度行ってみたいと思ってしまった、できれば雪のない時期のススキノに。

 

冒頭に殆どテレビは観ないと言たけど、少しだけ観ている。BSの「小さな村の物語イタリア」これを観るとまたイタリアに行きたくなるんだよな。その話はまたの機会にでも。

雨と気温と日本酒と。

昨夜から降り続ける雨。週間天気予報を見てみると

f:id:hanzyou:20220817150813j:image

今頃になって梅雨がやってきた感じ。ダムの貯水率が低下しているとニュースでやっていたので、これで貯水が潤うのではないかな。

雨の日って外にいると億劫だけど屋内にいる時なら雨音をきくのは悪くないと思っている。

 

それにしても今日はとても涼しい日中なのに26℃と昨日までとは嘘みたいな気温だ。おかげで今日はエアコン無しで過ごせている。

このくらいの気温になってくると熱燗がいけるなー、と酒飲みは考えてしまう。

お盆休みの中日に自宅でひとり酒をした。昼から飲み続け、ビールからジントニックハイボールそしてウィスキーロックとなって夜になり日本酒でも久しぶりに飲もうかと燗をつけた。

冷酒もよいが徳利とお猪口で嗜むほうが好きだし、常備している日本酒はお燗向けだから。

 

しかし、エアコンが効く涼しい部屋ではあったのだが、熱燗はまだ早過ぎたようでそんなに旨いと思えなかった。やっぱり熱燗は季節が大事なのだろう。

 

もう10年以上前から平日の飲酒を辞めている。平日を禁酒日にしてから週末が来るのを心待ちにできるようになった「やっと酒が飲めるぞ」と。熱燗が旨く飲める日はまだ先かな。

 

 

すべてはこの一杯のために

感染者急増のニュースを毎日見ていると休日なのに外出したくなくなる。コロナ禍になって他人と会うことが本当に少なくなってしまった。思えば、しばらくライブなどに全く行ってない、SNSで楽しんでいる周りの人達の投稿を見て羨ましくは思うが、まだそんな気分になれない。

絶対に仕事に穴を開けることができない=感染してはならない。という責任のある個人事業なので真面目に感染予防に徹している。

なのでついゴロゴロと家の中で過ごしてしまっていることに「あー今日も無駄な休日を過ごしてしまった」と後悔する日がある。

 

昨日もそんな無駄な休日になりかけていた。

夕方の日が落ちかけてきた時間帯に庭の雑草取りを開始した。日焼け対策につばの大きなサファリハットと長袖長ズボンをまとい、蚊取り線香を焚きながら草取りをした。

日中ほどではないが夕方と言ってもまだまだ日差しは強く、かなりの大汗を流しながら作業に没頭した。すべては最高のビールを飲むために(笑)

玉のように流れでた汗をシャワーで洗い流し、予め冷凍庫で余計にキンキンに冷やしておいたビール缶を取り出しグラスに注ぐ。焦るせいか腕が若干震えている「落ち着けオレ」もうゴールはすぐそこだ。

 

 

 

どうして目的を終えた後のビールはこんなにも旨いのだろうか。この一杯のためなら多少の事なら頑張れる(笑)

ライブ後の一杯をまた味わいたいがいつの日になるのだろうか。ライブ後の一杯が格別なのは、きっと緊張と興奮からの解放なんだろうな。

 

雑草取りにそんな要素はまったくない。だが労働で汗をしこたまかいた後のビールも旨いのは間違いない。

 

 

ダムでコルネットを吹く

そう言えばと思い出して「ダムでコルネットを吹く」動画をYouTubeに先ほどあげた。5月の心地よい時期に気持ちよく吹けた記憶がある。

どこまでも音が響ていく気持ちよさと開放感、外で楽器を吹くのは本当に気持ちが良い。

今では外で吹くことができるのは野外ライブでない限りできない、学生の頃は学校の敷地内であればどこでも吹くことができた(当時)、今考えると管楽器をオープンで好きに吹けるというのは恵まれた環境だったんだと思う。

師と仰ぐトランペッターがいるのだが、以前レッスンを受けていたとき「室内で練習するよりも野外で練習した方が音にハリが出て良い」といつも言っていた。その方は郊外の海辺に住んでいてレッスンはいつも外で海に向かって吹ける環境だった。ただ潮風は管楽器にはよくないように思うのだが…

 

ここのダム、今の気温の中ではどうなんだろう?山頂だから下界に比べるとちょっとは涼しいのだろうか。
いや連日40度近い酷暑だから少し気温が下がったとしても十分に暑そうだ、試す体力がないので辞めておこう(笑)

 

 

宜しければご視聴ください